目のクマの原因は内臓って本当?病気との関係は?

目のクマ原因
スポンサーリンク

目のクマは疲れを示すサインと言われていますが、その原因はこれだけではありません。

原因は複数ありますが、内臓疾患もその原因の1つだといわれています。

目のクマは疲れたり寝不足の時などに現れると言われており、休息を取ると回復するものだと言うイメージがありますが、その種類によっては病気の表れであることもあるため注意をしなければなりません。

スポンサーリンク

目のクマの種類は大きく分けると3つの種類がある

目のクマには大きく分けてその色によって3つの種類があり、最も一般的なものは青クマと言われています。

そのため長期間クマが取れないようであればすぐに医師の診察を受けることが肝心です。

これは皮膚の色が青黒くなるもので、上を向いたり皮膚を引っ張ってもその色が変わらない点が特徴です。

睡眠不足等により疲れているときに起こるものとなっており、しっかりと休息を取ると比較的すぐに消えるものであるため、このタイプのものは一般的に病気のサインである事は少ないものです。

青クマの原因は過労やストレスなどにより目の下の毛細血管の血流が悪くなってしまうために、うっ血してしまうことから発生します。

そのため十分に睡眠や休息をとり休むことで毛細血管の血流が回復し元に戻ることになるため、すぐに消えるものとなっているのです。

特に長期間続く場合には、病気の可能性もあるため気になるようであればすぐに医師の診察を受け原因を確認しておくことが必要です。

特に腎臓の疾患は具体的に体の痛みを伴うないため非常にわかりにくいのですが、目のクマと言う形で現れることもあるので注意をすることが大切です。

クマの種類で原因はかわる?

問題となるのは青クマ

いわゆる青クマは血行に問題があり、目の疲れや寝不足といったものが主要因です。

ただ、内臓の疲れが疲労回復を妨げてしまい、結果的に目のクマが良くならなかったり、長期的に目立つことがあります。

問題となるのは青クマと呼ばれるもので、目の下の脂肪が溜まってくるために目の下の皮膚が膨張し影を作って黒く見えると言うものです。

その原因には加齢により目の周りの筋肉が衰えてくるために起こるものや、目の周りを触ったりしすぎるために皮膚が荒れてしまうことのほか、腎臓が悪い場合にも同じような症状を発生するので注意が必要です。

一般的にこのタイプのクマに対しては目の周りをマッサージしたり、温めたりすることで血流を良くして脂肪の対流を防ぐことが非常に重要となります。

しかし長期間消えないようであれば内臓の疾患がある場合もあるので、心配であれば医師の診察を受けることが必要です。

黒クマや茶クマの場合

一方の黒クマは加齢によるもので、コラーゲンの減少が起こり窪みが影になるのが原因です。

コラーゲンを補給したり、生産を促すようにすることで、少しずつ改善できると考えられます。

女性に比較的多い物には茶クマと言うものもあります。

茶色っぽいクマは色素の沈着が原因で、目を擦るなどして角質が厚くなるのが引き金です。

これは紫外線を受けて皮膚が日焼けしてしまうもので、目の下は紫外線を受けやすくまた肌が弱いために変色しやすいのです。

このタイプは疲れなどとはあまり関係なく、単なる日焼けの1種と考えられる面があるため、日焼け対策を十分に行い、肌を休めることで予防をすることができます。

内臓に関係するのは青クマ

このように、目のクマといっても原因は様々ですが、血行不良による青クマは内臓と深く関係しています。

数ある臓器の中でも、肝臓の状態は目元に現れやすく、放置していると改善されないまま疲れた印象を与えがちです。

目の疲れやかすみにドライアイなど、クマと共に目の諸症状に心当たりがある人は要注意です。

他にも、視力の低下や頬に浮き出る血管に、血走った白目などが肝臓の疲れに当てはまります。

改善方法は生活習慣

いずれにしても、内臓の疲労状態を放置するのは良くないので、肝臓を中心にいたわってあげることが大切です。

暴飲暴食は肝臓の負担になりますから、腹八分目を心掛けつつバランスの良い食事を摂りましょう。

間食も内臓にあまり良くないので、目のクマで肝臓の疲れを感じたら、おやつやジュースを避けるのが得策です。

アルコールも内臓に負担を掛けてしまうので、休肝日を設けて控えめに楽しむのが理想的です。

こういった生活の見直しをすると、徐々に内臓の負担が減り表情が変わってきます。

つまり、目のクマを消す方法を挙げるとしたら、暴飲暴食をしないアルコール控えめの生活習慣となります。

サプリも効果的?

また、栄養不足が気になる場合は、肝臓に嬉しいオルニチンやしじみのサプリを摂るのも良いです。

オルニチンはしじみに含まれる成分の1つで、疲労回復や血行改善といった嬉しい機能を持っています。

しじみを大量に食べるとなると大変ですが、サプリなら僅かな手間で気軽に摂取できます。

サプリは習慣化すると無理なく摂れますし、飲むのを忘れてしまう心配がなくなります。

外出や宿泊の際にも持ち歩きやすいですから、疲れが目元に出てしまう人にとって、心強いアイテムとなるでしょう。

全てのクマが内臓によるものとは限りませんが、内臓の可能性を含めて、生活習慣や栄養の摂取を見直すことをおすすめします。

 

コメント