目のクマを解消! コンシーラー おすすめ色と使い方

目のクマ コンシーラー
スポンサーリンク

目のクマに悩んでいるのであれば、コンシーラーの色と使い方で解消することができます。

おすすめなのはやはり、多色展開で自分の肌に合う色が見つけられる、そういった商品が提供されるコンシーラーです。

また、使い方も重要となってきますから、厚塗りしなくても上手に隠せるものが狙い目となるでしょう。

コンシーラー おすすめ色と使い方を紹介します。

スポンサーリンク

コンシーラー基本的な使い方

コンシーラーの使い方についてですが、広範囲をカバーしたい場合は、リキッドタイプのコンシーラーをブラシで馴染ませると上手く仕上がります。

均一に薄くのばすのがポイントです。

指やスポンジで上からポンポンと軽く叩き込むと綺麗に馴染みます。

ピンポイントでカバーしたい場合は、

スティックタイプのコンシーラーを使用するのがおすすめです。

スティックを直接押し当てて馴染ませるのも良いですし、

硬めのブラシにとって置くようにして馴染ませるのもおすすめです。

コンシーラーは広げ過ぎると綺麗にクマが隠れませんので、

叩き込む感覚で馴染ませましょう。目のクマをコンシーラーでカバーすることで、ファンデーションの厚塗りも防げます。

ブラシをつかったり指先を使うのもおすすめ

基本的な使い方としては、ブラシで少量ずつ取って、

目のクマに優しく撫でつけて馴染ませる方法が挙げられます。

あくまでも優しく肌に馴染ませるのがポイントですから、

けっして強く擦らないように要注意です。

ブラシが手元にない、あるいは使いにくいと感じるのであれば、指先を使うのがおすすめです。

ようは馴染ませることができれば問題ないので、

ブラシと指先の使いやすい方を選ぶことができます。

青クマにしても、黒クマや茶クマにしても、

コンシーラーのおすすめ色は自分の肌に合うものです。

目のクマが目立つからと明るい色を選んでしまえば、

逆に悪目立ちしてしまう結果に至ります。

自然に仕上げるのがベストですから、

自分の肌と掛け離れた色は選ばないように注意しましょう。

基本を理解してより良い結果を求めるのであれば、

目のクマの種類別にコンシーラーを厳選するのが原則です。

目のクマの種類別コンシーラーおすすめ色

青クマ

青クマは疲労感を感じさせる色合いですから、

血色を良く見せるオレンジ系を選ぶと役立ちます。

勿論、自分の肌の色を基準として、そこからオレンジ寄りの色を選択する形です。

使い方は基本的な方法と同じく、

ブラシや指先を使い優しいタッチで肌に馴染ませるやり方です。

黒クマ

年齢が目元に現れる黒クマは、色を合わせるよりもツヤを重視するのが良いでしょう。

目元が窪み影ができやすくなっているので、パールを配合するタイプを選ぶと

、上手く目のクマをカバーできるようになります。

茶クマ

色素沈着が原因の茶クマには、イエロー系かベージュ系のコンシーラーが、

悩み解消を助けてくれる味方です。

色選びに迷ってしまった時は?

これらはあくまでも目安ですから、最終的にはいくつかの候補をリストアップして、

1つずつ試して自分に合うものを選ぶのが理想的です。

色選びに迷ってしまった時は、自分の肌よりも少し暗めのものを選び試してみましょう。

少し暗い色を選ぶ理由は、クマ以外のシミやそばかすを目立たせない為です。

シミやそばかすが目立ってしまうと、相対的にクマが浮き出て見えたりするので、

全体的にカバーできる色合いがおすすめとなります。

自分の肌とクマの状態に合わせて色を選ぶことで、

使いやすく悩みが解消できる一品が手に入ります。

 

目のクマを消す方法にマッサージは効果あるの?おすすめマッサージ機は?
気になる目のクマを消すためにマッサージをすると言う人は比較的多いと思いますが、 これをむやみに行う事は非常に危険であるため、十分に注意をすることが大切です。 特にクマを早く取りたいと強くマッサージをすると言うのは、 逆に毛細血管を傷つけてしまう恐れがあるので行ってはいけません。 またクマの原因を十分に確認してから柔らかくマッサージをすることが必要となるのです。
目のクマを消す方法 簡単メイクを紹介!
目の下のクマがなかなか消えないと悩む女性は多いことでしょう。 できたクマを隠すために、メイクに工夫をしている人も見られますが、なかなかうまく隠せないと悩んでいる人も多いものです。 目のクマを消す方法としては、簡単にメイクで隠すこ...

 

 

 

コメント