目のクマができる原因は?クマの種類の見分け方と改善方法

スポンサーリンク

目のクマには主に3つの種類があり、それぞれ異なる原因が存在しています。

目のクマを改善するにはまず、種類を見分けて原因を特定することが改善方法につながるポイントになります。

原因を特定して改善に取り組むことで、根本的に目のクマが解消しますから、小手先ではなく元から目のクマにアプローチすることをおすすめします。

スポンサーリンク

クマは3つの種類があり、それぞれの原因があります

青クマは血行不良が原因

目元が青み掛かって見えていたり、目の下を軽く引っ張りクマが薄くなる場合は、青クマと呼ばれるタイプに分類されます。

青クマは毛細血管の血行が悪くなって、それが皮膚の薄い目の下に現れるものです。

血行不良が原因ですが、寝不足や疲れ目でもなることがあるので、多くの人が経験されているといわれています。
いずれかに心当たりがある人は気をつけましょう。

クリームで隠せる程度なら良いものの、隠しても隠しきれない場合は要注意です。

クリームでカバーするのであれば、目元に栄養を補給して血行を促進できる、そういうタイプを選ぶのがベストです。

黒クマは加齢が原因

黒クマは元々目元の脂肪が少なく、加齢で収縮が生じて窪んでしまうタイプと、加齢で筋肉が緩みたるんで下に窪みができるタイプがあります。

目元のハリや弾力が低下すると、目の下の皮膚が垂れ下がってしまい、それが影を作り表情を暗くみせます。

目の下が窪んで見えてしまう場合は、加齢によってコラーゲンの減少が起こり、目元の皮膚が薄くなり、たるみが生じた結果窪みができて陰ができてしまう黒クマが疑われます。

こちらも見分け方は簡単で、上を向くと影が消失することから、クマも薄くなったり消えてしまいます。

上を向くと目立たなくなるのが特徴ですから、この方法で黒クマのチェックをすることが可能です。

顔がむくみがちな人は特に、黒クマが顕著に出てしまう傾向なので、むくみの解消とコラーゲン量の回復に取り組む必要があります。

メイクで隠すのは難しいですが、輝きのあるコンシーラーで明るくカバーすると、目立たなくなるでしょう。

茶クマは色素沈着が原因

目元にシミができるタイプの茶クマは、3つある目のクマの中でも厄介で、皮膚を引っ張っても上を向いても解消しないのが特徴です。

つまり、何をしても消えずに目立ってしまうのが、色素沈着型の茶クマだといえます。

茶クマは表面に色素が沈着している場合と、真皮レベルであざなどの色素斑が残っているケースがあります。

目を擦る癖があると、目元に摩擦や負担が生じて色素の沈着が発生します。

また、角質が肥厚する変化も起こりますから、これが茶色く見えてしまうわけです。

茶クマは茶クマでも、小さなシミが集まって目のクマに見える場合もあります。

物理的に窪むわけではないので、黒クマよりは隠しやすいですし、コンシーラーでカバーできる確率は高いです。

いずれも原因は分かっているので、タイプに合わせて対策を講じることが有効打となります。

目のクマを解消! コンシーラー おすすめ色と使い方
目のクマに悩んでいるのであれば、コンシーラーの色と使い方で解消することができます。 おすすめなのはやはり、多色展開で自分の肌に合う色が見つけられる、そういった商品が提供されるコンシーラーです。 また、使い方も重要となってきますから、厚塗りしなくても上手に隠せるものが狙い目となるでしょう。 コンシーラー おすすめ色と使い方を紹介します。

それぞれのクマの改善方法は?

青クマの場合

青クマの改善には血行を改善する栄養がポイントで、最も改善が簡単なのはやはり血行不良型の青クマでしょう。

青クマを改善するには、血液に必要な鉄分不足を疑い、鉄分を中心にビタミンや血行を改善する栄養素の摂取が有効です。

冷え性気味の人や疲労が蓄積しやすい人は特に、血行を促進して体を温める食材を摂り入れるのが理想的です。
疲れは入浴やストレッチに軽い運動など、食事以外のケアも目元の改善に役立ちます。

黒クマの場合

黒クマはコラーゲンを補う食事とクリームなどのケアが役立ちます。

黒クマは加齢によるものですから、一朝一夕で改善するのは難しいですが、肌ケアでコラーゲンを補い、たるみを解消したり目元の厚みを取り戻すのが改善の近道です。

マッサージやパックにエイジング作用を持つ食事など、加齢に打ち勝つ取り組みが改善に必要です。

茶クマの改善方法

茶クマはクリームで沈着したシミを薄くしつつ、栄養を補給して綺麗な肌に導くのが良いでしょう。

茶クマは色素沈着が主な原因ですから、ターンオーバーを促進して美白に近づけるケアが役立つでしょう。
食品だとピーマンやキウイフルーツにブロッコリーがおすすめで、更にビタミンCを補うサプリや、ビタミンC誘導体を配合する化粧品がマッチします。

クリームを選ぶ時は、目的や成分に着目して絞り込み、ランキング順で人気の商品を試してみるのがおすすめです。

抗酸化作用を持つ食品や化粧品も効果的

体の内側から改善に取り組むだけでなく、外側からもアプローチすることで、相乗的に目元の悩みが解消できます。

血行を悪くしたり老化を促進する生活習慣だと、改善されるクマも改善されなくなります。

抗酸化作用を持つ食品や化粧品を使ったケアは、クマの種類に関係なく改善を促進してくれるので要チェックです。

コメント